空き家管理の外部・内部巡回サービスの内容

空き家をそのまま放置していると、老朽化が一気に進んでしまいます。
そのため空き家でも資産価値を守るためには、定期的な管理が必要です。
自分では管理が出来ないという人は、空き家管理サービスを利用するといいでしょう。
では空き家管理サービスはどのようなサービスを提供しているのでしょうか?

空き家管理サービスについて

空き家管理サービスと一言でいっても、サービス内容は会社によって異なります。
例えば外部巡回サービスだけを依頼するのか、それとも外部だけでなく内部の巡回サービスも利用するのかによって、サービス内容は変わってきます。

内部も巡回してもらった方が、サービス料金は高くなりますが、いざ空き家に住む状況になった時に、掃除がかなり楽になります。
また建築物は白アリや雨漏り、カビなど内側から腐食してしまう事も少なくありません。
外部巡回だけでは気づかない空き家の状況も、内部巡回をしてもらう事で気づく事がたくさんあるはずです。

空き家管理・内外部巡回サービスの内容

ではある空き家管理会社の内外部巡回サービスの内容について紹介します。
外部巡回サービスでは、庭木の確認や塗装や外壁などの建築物の状況確認、郵便物の整理、玄関前の簡易掃除を行います。

内部巡回サービスでは、窓や押し入れを開けて空気の入れ替えを行います。
また室内の簡易掃除や雨漏り、カビが発生していないかチェックをします。
そして水道に錆びの付着を防止し、排水溝の臭気を予防するために、通水を行います。

家の規模にもよりますが、1回当たりの内外部巡回サービスかかる時間は1時間程度。
料金も空き家管理会社によってそれぞれ異なりますが、外部巡回のみで5000円〜、内外部巡回で1万円〜程度かかると考えておきましょう。

関連する記事