空き家をそのままにしていませんか?

空き家をそのまま放置していませんか?放置するとデメリットがいくつか出てきます。早めに対策しましょう! - 空き家管理せず放置するとどうなる?

空き家管理せず放置するとどうなる?

実家から独立し、両親が亡くなり実家を空き家のまま放置してしまっている。
そんな人もいるかもしれません。
ですが空き家のまま放置する事は、デメリットしかありません。
放置せずに空き家を売却するか、空き家管理サービスを利用するか何かしら対策を立てなければいけません。

空き家だと相続税の負担が増える

両親が亡くなってしない、実家を相続した場合、遺産を相続したという扱いになるため、相続税が発生します。
この時相続した実家に人が住む場合と、空き家の場合では相続税の負担額が大きく異なると知っていますか?
空き家で人が住まない家に、税金を支払う事は勿体ない事ですよね。

実家となると子供の頃の思い出などがあり、手放したり、取り壊したりする事に抵抗がある人もいるかもしれません。
ですがどうしようか迷ったまま何年も空き家のまま放置するという行為が最もしてはいけない行為です。
税金の負担も大きい上に、空き家を放置する事で資産価値はどんどん減少していきます。
そのため遺産を相続した段階で、家族や親せきと話し合って、もっとも建設的な方法で対処するようにして下さい。

空き家の対処法について

空き家の状態でとりあえず放置するという選択肢が最もダメな選択肢です。
では空き家はどう対処すればいいのでしょうか?
まず不動産価値があり、売却出来る場合は売却する事をオススメします。
今後ますます空き家は増加し、売りたくても売れない状況になっていくでしょう。
そのため今後誰も住む予定がないのであれば、売却する事をオススメします。

もし定年退職後には田舎に帰ってのんびりとセカンドライフを送りたい。
そんな予定がある場合は、空き家のまま放置せずに空き家を賃貸として貸出すれば賃貸収入を得る事が出来ます。その賃貸収入でリフォームなどの費用にあてる事が出来るでしょう。

借り手がすぐには見つからない場合は、家が傷まないように空き家管理サービスなどを利用して定期的に空き家を掃除や風通ししておくだけでも全然家の状態は変わってきます。

とにかく空き家の状態で何もせずに放置する事だけは絶対にしないようにして下さい。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

アーカイブ